法人設立に必要な印章

 

個人経営とは違い、法人として会社を設立するためには色々な手続きがあります。

  1. 会社設立の企画者(発起人)が 会社の概要を決めます。
  2. 法務局で商号調査と事業目的の確認をします。
  3. 会社の代表者印を注文します 。
  4. 定款を作成します 。
  5. 公証役場で定款認証を受けます 。
  6. 金融機関へ資本金の払込みをします。
  7. 会社設立に必要な書類を作成します 。
  8. 法務局へ登記申請をします。
  9. 会社設立完了(法務局へ登記申請して1~2週間程度で会社の登記簿謄本が取得できます)です。なお、法務局の手続が完了した日ではなく、登記申請をした日が会社の設立日になります。
  10. 税金関係と社会保険関係の届出をします 。

以上の手続きが必要になります。

そこで会社としての法人設立に必要な印章は

社長個人の実印
各取締役の実印
会社実印(代表者印) 会社の登記に必要です。
会社銀行印 銀行口座の開設に必要です。
角印 領収書や、請求書の発行に必要。
領収印 領収書等の発行に必要です。
小切手印 小切手の発行に必要です。